Recent entries
2011/05/16 (Mon) 初勝利。
2011/05/15 (Sun) アイシテルコウフ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006 J1 第33節 対
試合開始日時 11月26日(日) 14:03 キックオフ 天候 曇
試合会場 小瀬スポーツ公園陸上競技場 ピッチ状態 全面良芝/水含み
入場者数 15069人 気温/湿度/風 9.1℃/50%/弱風


甲府のJ1探検も残り僅か。
甲府はこの探検で何を見つけ、何を掴んでこれたのだろう…。
きっとそれらは監督をはじめ、チーム関係者、選手たち、
そして俺たちサポーターにとっても、
たとえそれが些細なことであってもかけがえのないものとなったはずだ。

幸い来年もJ1で戦うことが許された甲府。
探検は終わり、本当の戦いはこれからだと思っている。
言うなれば維新
充分J1で通用する、しかも今まで甲府に興味の無かった地元ファンも、
甲府を知らなかったサッカーファンをも巻き込んだ魅力ある甲府らしいサッカー。
甲府を愛する全ての人にとって自信と勇気に満ち溢れた1年になったはずだ。

しかしこのままでいい訳じゃないし、満足してちゃいけない。
もちろん今年以上の更なる高みを目指し、
目標は高く、常に貪欲に上を向いて走って行こう!
くれぐれも足元には気をつけて。

ここから本題。
残念ながらJ1元年のホーム最終戦は無念の敗戦となってしまった。

前半1分。
藤田のスローインから茂原がためて藤田に戻し、藤田が低いクロスを送る。
DFの間への鋭いボールに山崎が体勢を低く頭で合わせて先制。

甲府は前半からフォアチェックで相手に時間とスペースを与えず、
リズムのいいサッカーを展開。
サイドを崩し、何度も相手ゴールを脅かす。

前半20分を過ぎたあたりから徐々に相手もボールをまわし始める。
前半24分。
CKのクリアミスを千葉の阿部に叩き込まれ同点。

だんだんと水野をつかまえきれなくなり、再三のピンチを招く…。

お互いに攻防が激しくなり、打ち合いの様相を呈してきた甲府と千葉の戦い。
そして前半37分。
自陣まで下がっていたバレーがボールを奪うと敵陣めがけて強引ドリブル。
引き倒されるバレー。
絶好の位置でのFK。
ボールをセットした藤田が右足を振り抜く。
ボールは壁を越え、大きく縦に落ちながら綺麗な弧を描きゴールネットへ。
再び突き放し、前半を終了。

後半もお互いにせめぎあう両チーム。
後半13分。
中盤でボールを失った甲府は千葉の鋭いカウンターにあう。
ピッチほぼ中央から、右サイドのスペースに走りこんでいた羽生へのキラーパス。
最後はGKとDFの僅かな隙を見逃さずに素早く降り抜いた右足からゴールを奪われる。
素晴らしい決定力…。

さらに後半33分。
途中交代の青木にまさかの逆転弾をあび、甲府が追う立場に。

甲府も最後までサポーターの声援を背に戦うも、ゴールはひたすら遠い…。
重くのしかかる1点。
そして終了のホイッスル。

個人的にも浦和戦での疲労と重なり、
ただ呆然とピッチを見つめることしか出来なかった…。

俺にとっての最終戦であろうこの試合、
結果は別として完全燃焼した感じだった。
最後に勝利の歌を歌えたら最高だったけど。

俺が行けない最終節での勝利のみを信じて
選手たちにこの歌を。

俺らはここにいる

君は一人じゃない

CURVAは歌うぜ

甲府の歌を♂


試合結果はこちら
スポンサーサイト

テーマ:♂ヴァンフォーレ甲府 - ジャンル:スポーツ


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ♂蹴球狂の詩。, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。