Recent entries
2011/05/16 (Mon) 初勝利。
2011/05/15 (Sun) アイシテルコウフ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


20081015-2_convert_20081016222348.jpg  20081015-7_convert_20081016223337.jpg

2010FIFAワールドカップアジア最終予選
日本代表 vs ウズベキスタン代表 2008/10/15 埼玉・埼玉スタジアム2002


今回は初の試み、“指定席”での観戦。


朝ゆっくりと起きて、
のんびりと埼玉へ。


スタジアムに着いてからは外周で、
暮れなずむ空の下しばし閑談。



コンコースを通り過ぎ、
スタジアム内へ。


ピッチは目と鼻の先。


そして、
いつも居るはずのゴール裏を眺め、
早くも飽和状態な、
人々の想いや熱気が渦巻く混沌(カオス)の迫力を改めて感じる。


今日はいけそうだ…。



試合は前半なかば、
クリアミスのボールを拾われ、つながれ、
まさかの失点。


前半終了間際、
日本も何とか意地の一点を返す。


早い時間帯に追いついたこともあって、
後半の巻き返しに期待したのだが…。


疲れと焦りからか、
イージーミスも目立ち始め、
思うように攻められないまま時間だけが過ぎる。


そしてホイッスル。


負けはしなかったが手痛いドロー。



誰かが言っていたな…。

「予選とは得てしてこういうもの。」



そんなもんだ。

“あたりまえ”に勝てる試合なんてひとつもありはしないのだ。


あたりまえに勝つ日本を観る気でいた自分にも反省。



アウェイはさすがに無理だけど、
次はやっぱりゴール裏かな。
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ


20081012-3_convert_20081013171252.jpg  20081012-4_convert_20081013171352.jpg  

第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦 対岡山
試合開始日時 2008年10月12日(日) 13:00 天候 曇
試合会場 小瀬スポーツ公園陸上競技場 ピッチ状態 良芝、乾燥
入場者数 4420人 気温/湿度/風 21.8℃/38%/無風


『天高く馬肥ゆる秋』にふさわしく、
素晴らしい秋晴れに恵まれる中(っつーか暑すぎ…)行われた天皇杯。


内容的には今日の日差しのような、
ジリジリとした焦れる展開。


カッチカチやぞ!!
的な岡山の守りに苦戦。

ミスからカウンター。

悔しいです!!



それでも何とか大西の得点で勝ちを拾った甲府。


次は大坂冬の陣です。

20081012-5_convert_20081013171450.jpg  20081012-6_convert_20081013171636.jpg



オイ!俺の甲府。

オイ!俺の甲府。

さあ、革命起こすのかい?

さあ、起こさないのかい?

どっちなんだい!?

20081012-7_convert_20081013171827.jpg


追記。

岡山の守りはカッチカチでもなかったですね。
スミマセン…。

テーマ:♂ヴァンフォーレ甲府。 - ジャンル:スポーツ


2008 Jリーグディビジョン2 第39節 対仙台
試合開始日時 2008年10月04日(土) 18:33 天候 晴
試合会場 小瀬スポーツ公園陸上競技場 ピッチ状態 全面良芝/乾燥
入場者数 12132人 気温/湿度/風 19.1℃/65%/中風


ものすごく久しぶりだ…。


試合行ったのも、ブログ書くのも…。


はっきり言って、
何書いていいのかわからない…。




「BACK TO J1」を掲げ今まで走り続けてきたチームとサポーター。

望みは薄くなったものの、それは今でも同じ。

甲府に関わる全ての人が同じ方向を向いて一丸となってきたはず。


そんな中、
走ることを途中で止め、
歩みすら止めてしまいそうだった俺には
何も書くべきことはない。



個人的なことを書かせてもらえば、
そんな俺を今までと変わらず、
いつもどおりに迎えてくれた仲間に感謝です。


多分、というか、これは確信だけれども、
今までチームの不振に耐え、
信じ続けてチームの力になり続けてきた彼らと、
しばらく…というかほとんどサボっていた俺とでは、
明らかに感じているものが違ったはずだから…。


そして改めて、
みんなと甲府を応援できることの喜びや、
甲府が好きな気持ちはまだ無くしていなかったことに気付かされました。


残りわずか。

試合数も。

望みも。



頑張ります。

自分なりに。



最後に。



『人は歩みを止めた時に、

そして、

挑戦をあきらめた時に年老いていくのだと思います。

この道を行けばどうなるものか

危ぶむなかれ

危ぶめば道はなし

踏み出せば

その一足が道となり

その一足が道となる

迷わずゆけよ

行けばわかるさ

ありがとう』


~アントニオ猪木 『道』より~





俺の引退はまだです…。

多分…。

テーマ:♂ヴァンフォーレ甲府。 - ジャンル:スポーツ



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 ♂蹴球狂の詩。, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。