Recent entries
2011/05/16 (Mon) 初勝利。
2011/05/15 (Sun) アイシテルコウフ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一昨日はHINCHASの忘年会でした。


若手のはじけっぷりがまぶしかった。
そういえば、俺にもあんな頃があったなぁ…(´ー`)


個人的にはいい大人でありながらハシタナイ真似をしたことを猛省。
みなさん申し訳ありませんでした。
あいもかわらずMr.KYだな、俺…。




そして昨日は何もする気が起きず、
ただひたすら眠って現実逃避。


周りは来期に向けて確実に、着実に歩みだしているというのに…。


このままではまた置いてけぼりをくっちゃうな。
結局俺一人だけ変われないまま…。



俺の中での“甲府の星の王子さま”が言うように、
真剣に取り組まなきゃ。



それではみなさん、よいお年を。
こんな俺ですが、来年もよろしくお願いします。





そう言えば山崎光太郎選手、現役引退ですね。
対磐田戦にはめっぽう強かったイメージの選手でした。
お疲れさまでした。


甲府を去ってゆく選手がいるのは悲しいけれど、
全ては本人たちが決断してのこと。

その一方で、
「チームを1年でJ1へ」と、
甲府の選手として加わる選手たちもいるわけで。


新生甲府、期待していいですよね!?

こっちも期待していいですか…?(´ー`)

スポンサーサイト

テーマ:♂ヴァンフォーレ甲府。 - ジャンル:スポーツ


甲府ゴール裏の納会へ。


早めの出発にも関わらず、
時間ギリギリの到着(少し遅刻)で、
あせって停めた駐車場。


周りの人たちと交流を持つでもなく、
俺一人楽しい時間を満喫。


楽しい時間はあっという間に過ぎ、
みんなに黙って置いていかれるという悲しい仕打ちに、
ボウズなのに後ろ髪ひかれる思いでその場を後に…。


必死で追いつきました。


で。


罰があたりました…。



お泊りを余儀なくされ、久しぶりに
張り詰めた空気を優しく解いてゆき、街が息を吹き返す、
朝日を見ました。
20071224-1.jpg



普段自分がいるはずもない場所に居るのって、
なんだか不思議な気分。
20071224-2.jpg



ようやく帰ってきた湖畔の景色が、
俺にはやけに眩しくて…。
20071224-3.jpg





朝はどんな人間の上にも平等にやってくるんだなぁ。
こんな俺にも。
そして、たとえそれを望んでいようと、いまいと…。


夢が覚めてしまう朝はあまり好きではない。
夢から現実に引き戻される朝はあまり好きではない。


でも。


朝が来るからこそ次に、
昨日から今日、
今日から明日へ進んで行けるのかな…。
また夢が見られるのかな。



伝えたいことはたくさんある。
想いは募るばかり。



ただ、
伝えようとしたその瞬間からそれらの言葉はカタチを変えて、
本当の想いの半分も残っちゃいない。



無理もない。



恋愛に例えるなら、
「スキ」とか「アイシテル」とか、
そんな人間が考え出したちっぽけな文字の枠組みに、
収まりきるわけはないのだから。

この感情は…。



今、アナタはどこでなにをしていますか…?



クリスマスイブに独り寂しくPCに向かって、
なに書いてるんだろうなぁ、俺。



甲府への愛かぁ…。

テーマ:♂ヴァンフォーレ甲府。 - ジャンル:スポーツ


TOYOTAプレゼンツFIFAクラブワールドカップ ジャパン 2007
Match7 決勝戦
横浜国際総合競技場 12月16日(日) 19:30 キックオフ
ボカ・ジュニアーズvsACミラン


今年は予定になかったんですが、
チケットが手に入ったので行って来ました、決勝戦!!


20071216-1.jpg
キレイなお姉さんと写真を撮ったり。


20071216-2.jpg
球舞のパフォーマンスを楽しんだり。


CHEMISTRYのライブは見逃したけれど。


とにかく楽しんできました。





今回はじっくり試合を見ようと思い指定された席へ。

残念ながら、3位決定戦は浦和の中心地に占領されていたため席を移動。

反対側のゴール裏に移動したにも関わらず、こちらも真っ赤。

仕方なく浦和の応援を横目に観戦。

20071216-4.jpg 20071216-5.jpg

浦和の試合が終わる前から幕を剥がしにかかり、
終わると同時に準備にとりかかるボケンセ。
2階だろうとお構いなしですね。
こっちがヒヤヒヤしました…。


またドサクサに紛れようかとも思ったけれど、
ビビリな俺はおとなしく指定席へ。

20071216-22.jpg 20071216-27.jpg 20071216-35.jpg

目の前で展開されるレベルの高いプレイに一喜一憂。

密度の濃い90分間を心ゆくまで堪能。

途中から、
なんだか終わるのがもったいなくて…。




20071216-43.jpg
結局ミランの優勝で幕を閉じた大会。

でも、ちょっぴり寂しさを感じた。

結局、“当事者”ではない寂しさ…。



甲府もいつの日にかこの舞台に。
いつか必ず…。



試合結果はこちら

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ


TOYOTAプレゼンツFIFAクラブワールドカップ ジャパン 2007
Match4 準決勝
東京・国立競技場 12月12日(水) 19:30 キックオフ
エトワール・サヘルvsボカ・ジュニアーズ

20071212-17.jpg
なかなか更新できず、
あの夢のようなひと時が薄れかけてきていますが。


朝から東京へ。

目的だったお店にも寄れて大満足。

買い物もしちゃいました、すげぇ久しぶりに。


その後、古着屋巡りを堪能し、
こちらも久しぶりに充実した時間をすごせました。


で、いざ国立へ。

20071212-18.jpg

青と黄色に染まったそこかしこから聞こえる歌声。

試合前は陽気な人たち。

あふれる熱気。



スタジアム内に入ると、
幕張りで揉めるどこかで見覚えのある光景。

そしてバンデーラの香り。
世界共通のようです…(笑)


ドサクサに紛れて出来る限り近づき、
雰囲気を肌で感じて楽しみつつ、
いつ怒られるかドキドキしながら動画も撮ってみました
旗振りながら…。

はっきり言って、試合そっちのけ(笑)

あ、でも、
ゴールシーンはしっかり見えました。


途中からは揉みくちゃにされながらも本気モードへ。

楽しかったです、正直。

20071212-28.jpg

他にも書きたいことはあったけれど、
こちらに書いてあるので俺は割愛させてもらいます。


初体験の感想としては楽しめた部分もあり、
勉強になった部分もあり。


行って良かったです。
いろいろと事前に準備してくださった方々に、
改めて御礼を言いたいです。
ありがとうございました。


この経験を甲府の応援でも生かせたらなぁ…。
と感じる三十路過ぎのオッサンでした。


試合結果はこちら

20071212-32.jpg


ちなみに明日は横浜です。

テーマ:BOCA。 - ジャンル:スポーツ


20071208-1.jpg

第87回天皇杯 5回戦 対鹿島
試合開始日時 12/8(土) 13:00 天候 晴
試合会場 カシマサッカースタジアム ピッチ状態 全面良芝/乾燥
入場者数 6558人 気温/湿度/風 14.7℃/53%/無風


臨機応変。
俺の一番苦手とする言葉。


自分で考え、状況判断し、決断し、実行する…。


それがいかに難しいことか、
改めて痛感させられた一日でした。


そしていかにいつも周りに任せっきりなのかということも…。


自分の出来ることを、一歩づつ、確実に。


それが今の正直な思いです。




試合に関しては今年最後の試合になってしまったことが、
とても残念でなりません。


でも、
若い選手たちの涙を見て、
そこまでの熱い気持ちで臨んでいたのを感じて、
これからも甲府を、今まで以上に、
そんな選手たちに負けないくらいの情熱でサポートしていきたい。
そう思いました。
今更ですけど。


俺にはもっと選手への愛が必要だな…。



最後に、
今年もお世話になったHINCHASはじめ、
甲府サポータのみなさんへ。


ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。


そして、
これまで甲府の選手として戦ってきて、
残念ながら甲府を去ることになった選手たちへ。


お疲れ様でした。
これからの人生に幸あれ。

俺が言うなって話だけど…。



来年はJ1復帰へ向けた勝負の年。


甲府にとってもサポーターにとっても、
そしてもちろん自分にとっても、
大きく成長できることを願って。



一生
甲府と共に生き、
甲府と共に死のう。

テーマ:♂ヴァンフォーレ甲府。 - ジャンル:スポーツ


200712011113000_edited.jpg
2007 Jリーグ ディビジョン1 第34節 対FC東京戦
試合開始日時 12/1(土) 14:34 天候 晴
試合会場 小瀬スポーツ公園陸上競技場 ピッチ状態 全面良芝/乾燥
入場者数 14777人 気温/湿度/風 14.6℃/37%/弱風


何も感じなかったJ1でのリーグ最終戦。
もっと悲しさや悔しさがこみ上げてくるかと思っていたのに。
不完全燃焼。


空しさだけが残った…。


これからにつなげるためにも勝ってほしかった。
勝たせたかった。


でも。


今期の集大成とも言うべき結果。
これが今年の甲府の姿。


大木監督の発言にも失望した。
言葉の文だとしても…。


余力なんか残してんじゃねぇよ!

全力で最後までやりきれよ!!



しかし。

その力を引き出せなかったのは、
俺たちにも少なからず責任はあったのだろう。
いや、大いにあったのかもしれない。


もちろんこの俺にも…。


だからこそ。

俺は歌い続けるよ。

甲府のために。



一生

甲府と共に生き、

甲府と共に死のう。



試合結果はこちら

テーマ:♂ヴァンフォーレ甲府。 - ジャンル:スポーツ



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 ♂蹴球狂の詩。, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。