Recent entries
2011/05/16 (Mon) 初勝利。
2011/05/15 (Sun) アイシテルコウフ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オファーが来てたのは知ってたけど、
まさか受けるなんて…。

確かに故郷に近いリーグでプレーしたい気持ちも
わからなくはないけど(嘘。全然わからない)

J1とかJ2とかは関係ないのか、選手にとっては…。

う~ん、この年の瀬に来て悲しい知らせが続くな…(´・ω・`)

一毅に会って

ちゃんとバイバイ言ってねぇぞ、

俺…(T0T)

スポンサーサイト

テーマ:♂ヴァンフォーレ甲府 - ジャンル:スポーツ


先ず、
インチャスをはじめ、
甲府の応援を通してお世話になった方々、
今年1年お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。

今日(昨日)は印茶巣納会に参加させてもらいました。
ポプラルに行き始めてまだ日が浅い俺なんかが行くのは少し気が引けたけど、
せっかくのお誘いを断るはずもなく
二つ返事で行かせていただきました。
(ちなみに会社の忘年会は欠席)

元々喋るのが苦手で、
しかも頭の回転が遅い俺は
自分から喋ることはあまりなく、
聞かれたことには答える程度しか出来なかったけど、
昔の甲府、選手のこぼれ話、応援についてetc...
貴重な話が聞けてとても楽しい夜でした。

来季も共に戦ってゆく仲間達。
(仲間だなんておこがましいですが…)
甲府を愛する素晴らしい人たちに囲まれて
甲府を応援できる喜び。
一日も早く仲間だと認められるよう(もちろんそれが目的じゃないけど)
そして誰にも負けないつもりで
これからも甲府に精一杯の情熱を注いでいこう、
と強く確信した一日でした。

甲府はまだまだ強くなる!!
※昔を知らないにわかサポの強がり…( ̄∇ ̄;)

さあ行こうぜ 俺らの甲府

共に闘え みんなで歌おう


ララララーラララー


ララララーラララー


来年もよろしくお願いします。

♂今まで観戦されてた方
(メインやバクスタで座っていた、もしくはゴル裏だけど飛び跳ねてなかった)で
応援に興味のある方、
甲府に「俺たちの熱き想いよ届け!!」な方、
来季は是非ポプラルで
逝ってみよう!!遣ってみよう!!

テーマ:♂ヴァンフォーレ甲府 - ジャンル:スポーツ


ストーブリーグ。
甲府にも色々と動きがありましたね。

・先ずセレクション合格による7人の入団

・そしてカズキに京都からのオファー

・さらに山形から桜井選手の期限付き移籍

・さらにさらに来季から強化育成部門を設置

いやがうえにも来年への期待が高まる!?

あとは専用のクラブハウスがあれば

文句なしなんだけど…。

なんてな。

テーマ:♂ヴァンフォーレ甲府 - ジャンル:スポーツ


2006_12230010.jpg

2006 天皇杯準々決勝 対
試合開始日時 12月23日(土) 13:02 キックオフ 天候 晴時々曇
試合会場 ユアテックスタジアム仙台 ピッチ状態 良芝/乾燥
入場者数 5537人 気温/湿度/風 8.6℃/51%/弱


甲府の天皇杯が終わった…。
俺も現地に行って応援するはずだったのに…。
気合だけが空回りし、興奮状態でなかなか寝付けず。
結果みんなとの集合時間に間に合わず、
涙ながらのTV観戦。

出足をすくわれたかたちで早々と失点。
しかし失点が早い時間帯ということもあり
そんなに気にはしてなかったんだけど。

しかし、攻めあがって組み立てるものの
最後のところで札幌の堅守にあい、
ゴールを割れず。
ポストにシュートが嫌われるという
不運にも見舞われ、
その後札幌に追加点を献上。

結果0-2と完敗だった。
個人的にも、現地参戦出来ないという最悪の年末に…。

これで今年の甲府のサッカーはすべて終了。

来年に向けて、切り替えます。
大木さんも言っているように
次だな、次。

テーマ:♂ヴァンフォーレ甲府 - ジャンル:スポーツ


すべては2010年のために!!

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ


2006 天皇杯5回戦 対川崎
試合開始日時 12月9日(土) 13:00 キックオフ 天候 曇のち雨
試合会場 香川県立丸亀競技場 ピッチ状態 全面良芝/水含み
入場者数 3881人 気温/湿度/風 20.2℃/55%/無し


俺が甲府の映画館で『DEATH NOTE』を観てる間に
甲府が5-2で勝ちました
さらに嬉しいことに、
俺たちのキャプテンが帰ってきた!
しかも、ゴールまで決めて!!

今日は個人的な理由で丸亀には行けず、
残念なことにTV放送も無かったので
久々にというか、ずっと観たかった映画を観に…。
俺がのんきに、しかし集中して映画観賞してる間に、
選手たち、現地遠征のサポは必死に戦っていたわけで…。
何てダメサポなんだ俺は(;´д`)

次はユアスタか…。
何とか行けるように努力してみよう。
今までも何度かあったけど、
現地に行けずに、そんな時に限って甲府がいい試合をして(しかも勝利して)帰って来たことがあるし、
なによりその場で力になれないことが
かなりのストレスになってきている。
もうこんな悔しい思いをするのは
こりごりだからな…。

とにかく、カズキお帰りなさい。

テーマ:♂ヴァンフォーレ甲府 - ジャンル:スポーツ


俺には突然に思えた岳也の引退
俺は昔甲府にいた頃の岳也を知らない。
でも、今年甲府に戻ってきて
チームとしてのJ1初ゴールを奪い、(確か克哉のアシストで)
ヒトに対しての強さと、
内に秘める燃え滾る情熱を持ちながら、
COOLに振舞う岳也を見て一発で好きになった。
ニセさわやかヤクザ…( ̄∇ ̄;)
ちなみにホンモノのヤクザ元祖さわやかヤクザ

しかし、
次第に出場機会は減り、
サテライトで見るのが普通になり、
最後はベンチにすら入っていなかった…。

そして、契約非継続選手の発表を経てついに引退を表明。
ここ最近のプレーは見れてなかったからわからないけど、
まだまだやれたんじゃないかと思うと、
残念でならない。

これからは違うかたちではあるけれど、
甲府と共に歩んで行ける。
いつも振り返ればヤツはいるのだ。

今までおつかれさま。
そして月並みだけれど、ありがとう。
最後に、これからもよろしく。

ララがくやオオ ララがくやオオ

ララーラがくやオオ


ララがくやオオ ララがくやオオ


ララララーラララがくやオオ♂

テーマ:♂ヴァンフォーレ甲府 - ジャンル:スポーツ


バレーの退団が決定した。
天皇杯を前に契約期間を残し帰国
正直、残ってほしかった。
個人的に特別な思い入れはなかったものの、
小瀬でバレーの歌が歌えなくなるのはやはり寂しい…。
バレーのゴールにより、
何度スタジアムが歓喜に包まれたことだろう。
バレーは間違いなく甲府にとっての救世主であり、
甲府、いや、山梨のヒーローだった。

振り返ってみると、
2004年、バロンの移籍によりJ2リーグ途中での戦力ダウンを余儀なくされみるみる失速し、
最終的に7位と前年に及ばない成績で終えた甲府にとって、
2005年、バレーの入団は希望の光だった。
恥ずかしながら、
バレーがどんな選手なのか知らなかった
対戦してたはずなのに…。

リーグ途中までの印象としては、
チャンスを作るものの決定機を外す、
決定力の無いストライカー。
これは完全に俺の見る目がなかったなぁ…。
結局、得点王だもの。
バレーがリーグ途中で戦線離脱した時は昨年の二の舞かとも思ったが、
チーム一丸となり順位を落とさず、バレーが帰ってくるまで乗り切った。

そしてなんと言っても、
J1昇格を決定づけたJ1、J2入れ替え戦でのダブルハットトリックは記憶に新しい。
バレーの本当の恐ろしさ、凄さを
相手はもちろんのこと甲府のサポーターにも、ひいては
全国にまざまざと見せつけるかたちとなった。
Jリーグに新たな歴史が刻まれた瞬間でもあった。

俺は仕事でリアルタイムで観られなかったものの、
後で何度も何度も、それこそビデオテープが擦り切れるほど観まくった。
J1昇格が決定する“その時”が来るたびに
感極まって何度も泣いたのを覚えている。
そして人目も憚らず号泣していたバレーの男泣きは、

一生忘れることはないだろう。


いつしか“J1請負人”と呼ばれ、その去就が噂されたが、
J1元年であった今年、
甲府はバレーと共に歩むことが出来た。
心からJ1の舞台を楽しみながら、
J1のピッチで躍動し、
サポーターを魅了するゴールを叩き込んできたバレー。

そんなバレーだからこそ、
上を目指すのは当然だし、
(甲府で、共に上を目指すという選択肢もあっただろうけど)
なによりも本人の希望ならば
その高みに向かって邁進してほしい。

旅立つバレーに“さよなら”ではなく、この歌を。

バレバレバレバレ ララララララ

バレーゴル ララララララ♂

テーマ:♂ヴァンフォーレ甲府 - ジャンル:スポーツ


結局J1元年の成績は15位でした
今年1年、共に戦った皆さん。
本当にありがとうございました。

甲府を応援できる喜び、
これは僕にとってはなにものにも代え難いものです。

今年の順位は揮いませんでしたが、
来年はもっと上を目指して!!

チームも、
サポーターも!!

もちろん来年もポプラルで!!


立ち上がれ 声を出し


飛び跳ねろ 漢なら


ララララ~ララ ララララ~ララ~


愛する友のため♂

テーマ:♂ヴァンフォーレ甲府 - ジャンル:スポーツ


2006 J1 第34節 対福岡
試合開始日時 12月2日(土) 14:04 キックオフ 天候 曇
試合会場 東平尾公園博多の森球技場 ピッチ状態 良芝/乾燥
入場者数 14703人 気温/湿度/風 11.2℃/40%/強風


J1残留が決定し、
残り1つでも順位を上げたい甲府。

対するは、
負けはもちろん勝ってもC大阪が勝ってしまえば終わりと
本当に後が無い福岡。

正直福岡の必死さは伝わってきたものの、
つまらない試合だった。

試合開始後いきなりピンチを招く甲府。
その後もボールを持たされ、
なかなか崩していけない。
いつものアグレッシブさはカケラもみられない…。

一方の福岡、何度も甲府のゴールに襲い掛かるものの、
最後の精度がイマイチで正直甲府は助かった。
これが今シーズン福岡が低迷した理由のひとつだろう。

結局、福岡の攻撃の処理に追われ、なかなか攻撃に転じられなかった甲府。
甲府が前半に打ったシュートは僅か1本。(だったと思う)

後半開始してすぐだった。
前半とは違い、いつもの甲府らしさがようやく顔を覗かせる。
甲府はゴール前の混戦から(克哉がキープ、中央に折り返すとバレーがヘッドで落とし、
最後は藤田に代わってスタメンだった)保坂がキーパーの股を抜くボレーを叩き込み先制。

これで流れを掴み、ここからいつもの猛攻が始まるのかな?
と思った矢先。
アライール、この日2枚目のイエローで退場。
またしても甲府は1人少ない中での戦いを強いられる。

その後CKから佐伯に同点弾を許す。

甲府は選手交代で何とか流れを変えたいものの、
結局1-1のドローで試合終了。

そしてC大阪が敗れたため、
結局甲府は福岡にJ1残留をかけた入れ替え戦の切符を手渡した形となった。

最後は勝って終わってほしかった。
特に残留が決定してからの成績は
あまりヨロシクナイ。

もちろん監督はじめ、チーム関係者、選手たちそして俺たちサポーターに
“驕り”や“慢心”は無かったにしても、
あまり必死さが感じられなかったのは残念。
(個人的には福岡まで行っていないのでこんなことを書く資格も無いんだけど…)

甲府は結局入れ替えラインギリギリ上の15位でリーグ戦を終了。
J1に残留出来ただけでも凄いのだろうが、
リーグ途中見せてくれた強さからすれば
もっと上を目指せるチームだろう。
(そのためにはトップチームはもちろん、サテライトや若手の力が必要だろう)

来年は更なる進化を期待する。

さあ行こうぜ 俺らの甲府

共に闘え みんなで歌おう


ララララ~ラ~ラ~ラ~


ララララ~ラ~ラ~ラ~♂


試合結果はこちら

テーマ:♂ヴァンフォーレ甲府 - ジャンル:スポーツ



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 ♂蹴球狂の詩。, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。