Recent entries
2011/05/16 (Mon) 初勝利。
2011/05/15 (Sun) アイシテルコウフ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


J1のリーグ戦もアウェイ福岡戦を残すのみ。
その後は天皇杯と続くが、
ホーム小瀬での試合は前節で終了した。

試合終了後、
先ずは来年もJ1で戦えることが報告され、
残りの試合も全力で戦うことがサポーターに伝えられた。
その時強く思った。
来年もこの甲府と、
甲府の仲間たちと共により1つでも上を目指していけるんだと…。

しかしプロの選手である以上、
様々な理由から来期を共に迎えられない仲間たちもいる

中には今年の甲府には欠かせない存在だった選手や、
俺の好きな選手もいる。
J2時代からチームを支えていた選手も…。
今後彼らがどのような道を歩んで行くのかはわからない。
来期は敵として戦っているかもしれない。
チーム側が出した決断に、
俺個人としては何も出来ない。
選手に気持ちを伝えるぐらいかな…。
でも、正直何て声をかけたらいいかわからない。
そーいえば、サポーター感謝デーには来るのかな?
会えるとすれば、
もう、その時ぐらいだよな…。

今まで甲府の選手として、
チーム、
そしてサポーターと共に走り続けてくれた選手たちへ。

闘え男よ

誇りを胸に持ち


俺らがついてるぜ


ラーララーラーラー♂


今まで本当にお疲れさま。
そして“ありがとう”
これからも頑張れ!!
スポンサーサイト

テーマ:♂ヴァンフォーレ甲府 - ジャンル:スポーツ


今日は絶対勝たせたかった…。
他のCURVAは福岡戦、そして天皇杯(丸亀)
へ行くそうなのでまだ甲府の試合を応援に行ける。
選手と共に戦える。
でも俺にとっては多分今回のホーム最終戦が、今年最後の応援。
最後まで、必死だった。
力の限り飛び跳ね、手を叩き、声を嗄らした。
終了のホイッスルを聞いた瞬間には試合結果も手伝って
真っ白な灰となり燃え尽きていた。
燃えかすなんか残りやしない…。

でもこれで終わったわけじゃない。
これからまた次の戦いが始まる。
そして次、そのまた次と続いていく甲府の道。
永遠に続いてゆく蹴球道。

まだ今年を締めくくるには早いけど、
来年も甲府の選手たち、そして仲間とともに1歩ずつ
しかし確実に甲府の新たな歴史を一緒に歩んで行きたい。
そう強く思った。

追伸。
来年の元旦、国立でみんなと笑っていることを願って…。

テーマ:♂ヴァンフォーレ甲府 - ジャンル:スポーツ


2006 J1 第33節 対
試合開始日時 11月26日(日) 14:03 キックオフ 天候 曇
試合会場 小瀬スポーツ公園陸上競技場 ピッチ状態 全面良芝/水含み
入場者数 15069人 気温/湿度/風 9.1℃/50%/弱風


甲府のJ1探検も残り僅か。
甲府はこの探検で何を見つけ、何を掴んでこれたのだろう…。
きっとそれらは監督をはじめ、チーム関係者、選手たち、
そして俺たちサポーターにとっても、
たとえそれが些細なことであってもかけがえのないものとなったはずだ。

幸い来年もJ1で戦うことが許された甲府。
探検は終わり、本当の戦いはこれからだと思っている。
言うなれば維新
充分J1で通用する、しかも今まで甲府に興味の無かった地元ファンも、
甲府を知らなかったサッカーファンをも巻き込んだ魅力ある甲府らしいサッカー。
甲府を愛する全ての人にとって自信と勇気に満ち溢れた1年になったはずだ。

しかしこのままでいい訳じゃないし、満足してちゃいけない。
もちろん今年以上の更なる高みを目指し、
目標は高く、常に貪欲に上を向いて走って行こう!
くれぐれも足元には気をつけて。

ここから本題。
残念ながらJ1元年のホーム最終戦は無念の敗戦となってしまった。

前半1分。
藤田のスローインから茂原がためて藤田に戻し、藤田が低いクロスを送る。
DFの間への鋭いボールに山崎が体勢を低く頭で合わせて先制。

甲府は前半からフォアチェックで相手に時間とスペースを与えず、
リズムのいいサッカーを展開。
サイドを崩し、何度も相手ゴールを脅かす。

前半20分を過ぎたあたりから徐々に相手もボールをまわし始める。
前半24分。
CKのクリアミスを千葉の阿部に叩き込まれ同点。

だんだんと水野をつかまえきれなくなり、再三のピンチを招く…。

お互いに攻防が激しくなり、打ち合いの様相を呈してきた甲府と千葉の戦い。
そして前半37分。
自陣まで下がっていたバレーがボールを奪うと敵陣めがけて強引ドリブル。
引き倒されるバレー。
絶好の位置でのFK。
ボールをセットした藤田が右足を振り抜く。
ボールは壁を越え、大きく縦に落ちながら綺麗な弧を描きゴールネットへ。
再び突き放し、前半を終了。

後半もお互いにせめぎあう両チーム。
後半13分。
中盤でボールを失った甲府は千葉の鋭いカウンターにあう。
ピッチほぼ中央から、右サイドのスペースに走りこんでいた羽生へのキラーパス。
最後はGKとDFの僅かな隙を見逃さずに素早く降り抜いた右足からゴールを奪われる。
素晴らしい決定力…。

さらに後半33分。
途中交代の青木にまさかの逆転弾をあび、甲府が追う立場に。

甲府も最後までサポーターの声援を背に戦うも、ゴールはひたすら遠い…。
重くのしかかる1点。
そして終了のホイッスル。

個人的にも浦和戦での疲労と重なり、
ただ呆然とピッチを見つめることしか出来なかった…。

俺にとっての最終戦であろうこの試合、
結果は別として完全燃焼した感じだった。
最後に勝利の歌を歌えたら最高だったけど。

俺が行けない最終節での勝利のみを信じて
選手たちにこの歌を。

俺らはここにいる

君は一人じゃない

CURVAは歌うぜ

甲府の歌を♂


試合結果はこちら

テーマ:♂ヴァンフォーレ甲府 - ジャンル:スポーツ


昨日の浦和戦。
はっきり言ってかなりショックだった…。
身も心もボロボロです。

前半、阿部がPKを連続で止め
0-0で折り返した時はまだいけると思ってたんだけど…。

1人少ないと厳しいのかな…。
1人少なくてもいい時はあるけれど、
浦和相手だとそこはやはり“個”の力の差なのだろうか。

結果的には0-3と完敗。
前半は甲府が攻めて浦和が守ってカウンターといった感じ。
しかし後半は完全に押されっぱなしだった。

全く歯が立たないといった訳ではなかったし、
むしろ甲府の選手たちのポテンシャルの高さを見ることも出来た。
しかし訪れた(自分たちで作り出した)チャンスをキッチリ決められるか。
その差、その結果だったと思う。

サポートに関してはいつもより集中して入れたと思う。
皆も気合が違っていた気がするし…。
ただ個人的には前半でとばしすぎて
後半の途中まで全く声が出ないという状態になり
周りに迷惑をかけ、選手の力になれなかったことが残念。
というかこういった個人的なことは
自分で克服していかないといつまで経ってもダメだし、
出来ないのならゴール裏には要らない人間。

この前“掴みかけた何か”は無常にもこの手からこぼれ落ちてしまったようだ…。

応援は皆で作り上げるもの。
そのためには高い“個”の力が必要。
皆のレベルに少しでも近づき、さらに協力して団結するために、
これからも努力が必要だと痛感。

選手たちは最後まで戦っていた。
少しでもその力になりたかった…。

いつまで書いていてもまとまらないので
この辺で止めておこうっと。

最後に。
心もとない浦和サポーターの
茂原に対する誹謗中傷の内容の横断幕の件。
俺はその場にいなかったけど、ひとこと言わせてください。

そんな奴はサポーター
やめてしまえ。
というか、
人間もやめてしまえ。
サポーター以前に
人として終わってる。



たとえ冗談にしても笑えないばかりか幼稚すぎる。
人の気持ちがわからないような奴にサポートされてる
浦和の選手たちもかわいそうだし、
なにより茂原や、その関係者に対して失礼だろう。
そういう奴らはこういうこともわからないんだろうけど。

言いたいことがズレるからこれ以上書きません。
内容に関しても文字にするだけで嫌な気分になるし、
本人や関係者に対しても(こんなところ見ないと思うけど)
嫌な思いをしてほしくないので書きません。

いろんな意味で嫌な1日になってしまったな、昨日は…。

テーマ:♂ヴァンフォーレ甲府 - ジャンル:スポーツ


20070109212403.jpg20070109212459.jpg

20070109212542.jpg20070109212618.jpg
2006 J1 第32節 対浦和
試合開始日時 11月23日(木祝) 15:04 キックオフ 天候 曇
試合会場 埼玉スタジアム2002 ピッチ状態 全面良芝/乾燥
入場者数 57781人 気温/湿度/風 13.4℃/48%/弱


現場ではそれどころじゃなかったので
試合内容はTVでVTRを観ての感想。

甲府は2枚のイエロー累積で一人退場者を出したこともあり、
前半と後半では全く別のチームを観ているようだった…。

甲府は相手が浦和だろうと引いて守るようなチームではない。
特に前半、DFラインを高く保ち前からプレスをかける。
ボールを保持すると素早いパスワークから浦和ゴールに
果敢に立ち向かっていく。
しかしそれが裏目に出て
カウンターからDFの裏を狙われたボールに秋本が身体ごと突っ込み
ペナ内でワシントンを倒してイエローカードをくらう。
この日すでに早い時間帯で1枚もらっていたためレッドで退場に。

阿部を鼓舞するサポーター。
その思いが通じたのか、ワシントンのPKをガッチリキャッチする阿部。

その後甲府にFKのチャンスが。
藤田が直接狙うもコレはポストを叩く…。

甲府はまたもやピンチを招く。
高いDFラインの裏をつかれ、
またもペナ内でアライールが山田を引っ掛けてしまう。
あれは山田のダイブだった気がするけど…。

そして2度目のPK。
キッカーはまたもワシントン。
結果論だから信じてもらえなくていいが、
俺は密かにもう1度阿部が止めると思っていた…しかも同じコースで。

緊張の一瞬。

阿部を鼓舞するサポーター。
ワシントンが狙いを定めて助走をとる。
そして…。

歓喜に沸く甲府サポーター。

阿部はすぐさまボールを前線にスロー。
その後サポーターに手を挙げ応える阿部。
そしてピッチに向き直る瞬間に小さくガッツポーズ…。

前半終了。
先ほどの判定に納得がいかず審判に詰め寄る甲府の選手。
走っていってすかさず間に入り選手をなだめ落ち着かせる阿部。
カッコよすぎ(*´ェ`*)

そして運命の後半。
開始直後に
スローイン→クロス→ヘッド
とシンプルながら完璧にワシントンに決められ失点。
これで落ち着いた浦和はボール回しに余裕が出てくる。
1人多いこともあって、
甲府が寄せて行くと速めにはたいたり、
いとも簡単にサイドチェンジのパスを回したり…。
甲府がボールを持って攻めていても浦和のDFに下がって守られたら
なかなか突破口を見出せない。

そんな苦しい展開の中、後半の19分。
FK。
中央のサントス→左サイドに張っていた山田が中央にドリブルで切れ込んでミドル。
甲府は選手たちがフォローに行くも間に合わず、
ボールは阿部の手の届かないゴールの隅へ…。
2失点目。

そして後半23分。
KCからフリーにしてしまったワシントンに決められ3失点目…。

甲府も最後の意地を見せる。
後半途中交代の須藤が浦和DFをすり抜けフリーに。
シュートもほぼ完璧。
…のはずだったのだが、
力んだのかシュートは強くクロスバーを叩きゴールを割れず…。

最後の最後まで浦和の猛攻にあい、
前半とは打って変わってリンチのような悲惨な状態だった。
しかし甲府の選手たちは誰一人として諦めず、
最後のホイッスルまで全力で戦った。

そんな選手たちにサポーターも最後の声を振り絞って歌う。

俺らはここにいる

君は一人じゃない

CURVAは歌うぜ

甲府の歌を!!


試合結果はこちら

※写真撮影━友人による。

テーマ:♂ヴァンフォーレ甲府 - ジャンル:スポーツ


VTR観終わったε=( ̄。 ̄;A フゥ…。

La小瀬で感じていたのとは違って、
甲府がかなり攻め込んでいたのは事実だけど、
後半1人少なくなってからの粘りというか、
攻撃面では1人少ないのを全く感じさせないでいながら、
リスクマネジメントって言うのかな?
凄くよく守ってた感じ。
(実は津田が退場になったの知らなんだ…)

ず~っと押さえ込まれてはいても、
最後に相手のシュートコースを身体を張って防いだりと決定機は与えず。
ピンチには一気に皆で戻って守る。
(大分の攻撃が少し遅れていた部分もあるけどネ)
一気に下がって守るけど、
奪ったらカウンターでガ~っと上がっていってチャンスを作る。
ロングボールも苦し紛れではなくピタッと治まる。
サイドチェンジも然り。

とにかく今日の甲府は後からVTR観ても本当にいい試合してた。
とにかく人もボールもよく動く。
全員攻撃、全員守備。
これぞ“トータルフットボール”
あれであと1、2点取れっていうのはチト厳しいかな…。
でも実際取れる勢いだったから取ってほしかった(;´д`)

もちろん選手たち全員頑張ったんだけど、
なんと言っても今日は“ジャンボ”が効いてたな。
ボランチの位置はもちろんDFのカバーでガシガシボールを奪ったり跳ね返したり…。
そして奪ったらすかさず低い位置からも正確無比のロングパス。
だが今日のジャンボはそれだけじゃ無い。
チャンスと見るや、自らペナ内で果敢にシュートを打っていく。
しかもかなり惜しい…。
実際、甲府の2点目はジャンボのシュートから生まれたと言っても過言じゃありません。

と言うことで俺の今までのジャンボへのイメージは完全に払拭されたとさ。
めでたしめでたし。

ちなみに“ジャンボ”とは鶴見のニックネーム(⌒▽⌒)

テーマ:♂ヴァンフォーレ甲府 - ジャンル:スポーツ


20070109213147.jpg20070109213114.jpg20070109213211.jpg
2006 J1 第31節 対大分
試合開始日時 11月18日(土) 14:04 キックオフ 天候 曇
試合会場 小瀬スポーツ公園陸上競技場 ピッチ状態 全面良芝、乾燥
入場者数 9156人 気温/湿度/風 13.4℃/38%/弱風


これはあくまでも個人的感想。
今日の試合はあと1、2点は取れた試合だったよ。
ず~っと甲府が押してたんだし。
前節の京都戦もそうだったけど、
もう少し破壊力というか、決定力があれば
楽に甲府ペースで試合が出来る気がするんだけど。
最後のクロージングのところがもう少ししっかりすれば…。

そこは、相手あってのことだし難しいんだろうケド…。
あと、前節とは違いこちらが退場者を出し1人少なかったことを考えれば、
2-0というスコアには満足しないといけないのかな。

試合内容に関してんは良くわかってないからこれからVTR観ます。
印象としては再三のチャンスを決めきれてない感じでした。

サポートに関してはコールリーダーの呼びかけもあって
今日はいつもより頑張ったというか、少しはまとまってたのかな…。
俺個人的にはとても危機感を持って臨んだつもりだし、
いつもよりは踏ん張ったはず。
客観的には全然かもしれないけど。
今日は周りにだいぶ助けられた感じもあった。
普段も頑張ってない訳じゃないけど全然足りないからね。
もちろん俺含めて。
いや、足りないのは俺だけかもな…。

とにかく今日がポプラルで戦っている人たちにとっていい変化点になればいいな。
俺も少しずつだけど変わっていける感じがした。

“何かを掴みかけた”そんな感じ。

試合結果はこちら

テーマ:♂ヴァンフォーレ甲府 - ジャンル:スポーツ


06.11.15 19:10キックオフ 
北海道・札幌ドーム
AFCアジアカップ2007予選大会 グループA
日本代表 対 サウジアラビア代表


とりあえず、
今までで一番良かったんじゃないですか?
特に駒野とか今野とか…。
でも、良く感じたのは相手がモチベーションの上がらないサウジだったから、
といういつもの感は否めないですが…。

相変わらずの巻には少しガッカリしたけど、
我那覇、完璧だったなぁ…。

途中で津波情報で画面が消えてしまいましたが、
確かにサッカーどころではないからね…。

まぁ、勝ったのに文句を言う必要はない訳で、
素直に喜ぶことにします。

公式記録はこちら

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ


20070123205617.jpg
2006 Jユースサハラカップ Dグループ 対
試合開始日時  11月12日(日) 13:00 キックオフ 天候 晴
試合会場 韮崎中央公園陸上競技場


ユースの試合を観に韮崎へ。

今日は天気も良かったんだけど、
風もつよくてねぇ…。
もう、ぴゅーぴゅー吹いてた。
さぶっ((´д`))

だから、
追い風の時はボールが伸び、
向かい風では押し戻される。
コレあたりまえ↑
とてもやりにくそうでした。

張られていた幕も破れていたっけ…。

試合内容はよくわかっていないです。
人もよくわかっていません。
申し訳ない。

前半甲府がラッキー(?)ゴール。
相手キーパーに防がれたと思ったら
キーパーがじゃじゃ丸ファンブルしてて…。
思わずポロリ。
諦めずに詰めていたFWが押し込み先制。

後半も風を味方に
右サイドからキレイな弧を描いたループ(?)
が決まり突き放すと、
さらには左サイドでボールをキープしたFW(コレは唐澤選手だった)が
ドリブルで中へグイグイ切り込んで行き自らシュート。
コレも決まり3-0。

得点したFWは今津知彦選手と唐澤大夢(ひろむ)選手。
ゴールの順番が記憶があやふやなためわからず。
確か前半1点が今津選手で
後半2得点が唐澤選手だったと思う。
(違っていたらすみません)

さあ、甲府ユース。
いざ決勝へ!!

試合結果はこちら
20070123210523.jpg
強風の中、
若さ溢れるプレーを魅せる両チーム。

20070123210646.jpg
寒さを忘れ、声を出し続けるサポーター。

20070123210817.jpg
周りの木々も色づいていました。


20070123211212.jpg
帰りがけ、
韮崎からの富士に思わずパチリ。


ここで一句。
故郷(ふるさと)は遠くにありて想うもの 」
なんちゃって…( ̄∇ ̄;)

テーマ:♂ヴァンフォーレ甲府 - ジャンル:スポーツ


2006 J1 第30節 対京都
試合開始日時 11月11日(土) 15:04 キックオフ 天候 曇
試合会場 西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場 ピッチ状態 全面良芝/水含み
入場者数 5566人 気温/湿度/風 15.5℃/87%/弱風


J1残留をかけた熱い試合。

雨ということもあり、
お互いに足元ではボールがなかなか落ち着かない状況。
そんな中、プレーも荒れてきて前半京都は1人退場者を出す。
(ビジュのファールのもらい方が凄く巧かった)

雨ということも考えて、
バレーが多少距離のあるところからもグラウンダーのシュートを狙い、
キーパーのファンブルを誘うシーンもあり。

そして前半ロスタイム。
甲府はスローインの速いリスタートから克哉がキープし、
サイドから中央に流れてきた茂原へ。
シゲは低くてコースを狙ったシュートを放ち、
ボールはキーパーの下をすり抜けてゴール。
甲府先制。

相手が1人少ないこともあり、
甲府の追加点で京都にトドメを刺すのを期待していたのだが…。

後半は京都がしっかり守ってカウンターと、
わかり易い展開。
1人少ないとはいえ、
なかなかスペースを見出せず
攻めあぐねる甲府。

退いて守る京都を崩すべく人数をかけて上がっていくものの、
雨のためか甲府のいつもの速いパス回しも見られず、
逆に奪われてカウンターと苦しい流れ。
しばらく我慢の時間が続く。
それでも甲府の追加点を信じて状況を見守る。

そんな中、甲府はDFのミスから
パウリーニョの強烈なミドルを許す。
いったんは阿部が弾いたものの、
そこに詰めた中山に決められ同点に…。

甲府は選手交代から活路を見出したいものの
なかなか決めきれず。

その後京都はもう1人退場者を出し
甲府にとってはこれ以上無い状況。

しかしそのまま終了のホイッスル。
痛い引き分け。
イタイ、イタスギル…。

でもJ1残留は決定したようで。
複雑…。

現地組の方、
雨の中お疲れ様でした。
気をつけて帰ってきてください。

試合結果はこちら

テーマ:♂ヴァンフォーレ甲府 - ジャンル:スポーツ


2006 天皇杯4回戦 対山形
試合開始日時 11月5日(日) 13:00 キックオフ 天候 晴
試合会場 小瀬スポーツ公園陸上競技場 ピッチ状態 良芝/乾燥
入場者数 4344人 気温/湿度/風 25.0℃/32%/弱風


あい、とぅいまてぇ~ん…( ̄∇ ̄;)

まぁなんとか勝ったけど、
試合は終始相手にリードされる苦しい展開だった。
印象としては中盤からDFにかけてのサイドのスペースをうまく使われていた感じ。
それでも甲府は追いつき、さらに突き放すという粘り強さをみせて
みごと勝利を手にした。

リーグ戦と違い、負ければ終わりのノックアウト方式。
それを考えるともっと気合入れて臨むべきでした、俺。

常日ごろ
特にリーグ戦だからとか、
天皇杯だからとか、
相手がどこだからとか、
あまり意識はしていないんだけど
(相手がどこであろうと、どんな試合でも1試合1試合全力で逝くだけ、という意味で)
もっと意識していったほうがいいな、これから。

意識していないはずなんだけど、
ココロの何処かで、
アタマの片隅で
「天皇杯だし…」とか
「相手はJ2だし…」とか
思っていたんだろうな…。
自分の中で天皇杯にはそんなに重きを置いていなかったんだと実感。
だからテンションも上がらず
個人的にも全く動けなかったんだろう…と。

いつものごとく反省。
でもいつも同じコト書いてる俺は
口ばっかのダメサポす。
いや、サポーターですらないな。
毎回反省するなら反省しないように努力すりゃいいのに…。

選手たちは確実に成長している。
だったらサポーターも成長していかなきゃ。
周りの人に迷惑かけちゃいかんよ、俺。
周りのサポーターは少しずつ
しかし確実に変わってきているのだから。

最後は右肩上がりで♂

試合結果はこちら


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 ♂蹴球狂の詩。, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。