Recent entries
2011/05/16 (Mon) 初勝利。
2011/05/15 (Sun) アイシテルコウフ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006 J1 第29節 対C大阪
試合開始日時 10月28日(土) 14:04 キックオフ 天候 晴
試合会場 小瀬スポーツ公園陸上競技場 ピッチ状態 全面良芝/乾燥
入場者数 9852人 気温/湿度/風 22.5℃/45%/弱風


この日の甲府と福岡の結果次第では、
甲府のJ1残留が確定する大事な試合。
しかし相手も絶対残留を決めるためには負けるわけにはいかない試合。

残念ながら、勝利の女神(カ○カワ)は甲府には微笑まなかった…。

もちろん選手たちはいつものとおり全力で戦っていたし、
両チームとも激しい打ち合いのような試合だった。

いつものパス回しに若干の遅さを感じた気もする。
そのために最後のクロージングのところに影響が出たのかもしれない。
再三訪れたチャンスを決めきれなかったがために負けたようなものだ。

両チームの明暗を分けたのはゴールの判定に大きく絡むものだった…。
甲府は絶好の位置からのフリーキックが直接ゴールするも、
若干飛び出しの早かったビジュのオフサイドによりノーゴールの判定。

一方のC大阪は右からのクロスに飛び込んだ河村が新とペナ内で接触し、
新はコレでファールを取られ、PKへ。
このPKはさすがの阿部も防げず、
結局試合は0-1のまま甲府の敗戦となった。

河村がペナ内で倒れたまま主審を仰ぎ見てPKをもらった瞬間の、
( ̄ー+ ̄)とした顔が忘れられない…。
勝つためには手段は選ばねぇよってことか…。

結果として“勝ちたい”執念で優ったC大阪に軍配が上がった。
元国際審判の厳しい判定と共に…。

C大阪とカミカ○主審。
甲府と相性悪いよなぁ…(;´д`)

まぁ、相手や審判のせいにしているうちは、
俺もサポーターとしてダメだな…。
そう、勝ちにつなげられなかったのは俺たちの力不足、
俺たちの責任です。

試合結果はこちら
スポンサーサイト

テーマ:♂ヴァンフォーレ甲府 - ジャンル:スポーツ



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 ♂蹴球狂の詩。, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。