Recent entries
2011/05/16 (Mon) 初勝利。
2011/05/15 (Sun) アイシテルコウフ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


20070119204113.jpg
06.10.04 19:20キックオフ
神奈川・横浜国際総合競技場(日産スタジアム)
KIRIN WORLD CHALLENGE キリンチャレンジカップ2006
日本代表 対 ガーナ代表


スタジアムで観ていた時はブーイングだったけど、
録画観たら以外に頑張ってたりして…。

特に駒野、遠藤は絶妙なパス、自らのドリブル突破、そしてシュートと
ゲームを組み立てていた印象が強かった。
佐藤寿人の献身的なDF、
途中交代でチームの攻撃のリズムにアクセントをつけていた中村、
ケガをももろともしない播戸の闘争心。
川口もよく防いでいた。

ガーナはとにかく速い!
そして強い!!
普通ならゴールラインを割るような対角線のロングパスにも
しっかり追いつく、
そして日本DFが寄せる頃には既にボールは他の選手へ。
仮にチェックされても、囲まれても、ボディバランスと足元の巧さでスルスルと突破していく。
逆に日本がボールを持った時には恐ろしい速さで2、3人が寄せに来る。
日本の普段では通るであろう素晴らしいクロスも判断と足の速さでなんなくカットする。
ボールを持った後の判断も速かったなぁ…。

日本もやられっぱなしじゃなくて、
一瞬の隙をついて裏を突いたり、
寄せに来る前に素早いパス回しで持ち上がったりと
何度かいい攻撃も見せてたんだけど…。

あの失点は仕方ない。
まさに電光石火。
特に日本の足が止まっていた訳でもなく、
最後まで寄せていたのに…。
一瞬のスピードで振り切られ、
グラウンダーの速いクロスに
素早く突っ込んできたハミヌがピンポイントでゴールに叩き込む。

残念だったのは、
チャンスには必ずと言っていいほど顔を出して攻撃に絡んでいた
山岸智。
ポストを叩いた惜しいシュート直後。
最後まで諦めずに、
無理だとわかっていてももう一度突っ込む姿勢は見せてほしかった。

結果は残念だったが、これも必要なこと。
日本のあしたのために。

公式記録はこちら20070119205453.jpg
ゴール裏
バンデーラの下で。
君が代。
20070119211327.jpg
ゴール裏
応援風景。
俺?撮影してました…( ̄∇ ̄;)
20070119211447.jpg
試合風景。
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 ♂蹴球狂の詩。, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。