Recent entries
2011/05/16 (Mon) 初勝利。
2011/05/15 (Sun) アイシテルコウフ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


NEC_0127.jpg
2006 J1 第25節 対G大阪
試合開始日時 10月1日(日) 15:04 キックオフ 天候 雨
試合会場 小瀬スポーツ公園陸上競技場 ピッチ状態 全面良芝/水含み
入場者数 15462人 気温/湿度/風 16.8℃/76%/弱風


今日はあいにくの雨。
完全に寝坊し、準備も手伝えず。
小瀬に着いた時には既に入場が始まっていた…。

今日の甲府は、まぁ、いつもどおり。
攻撃への意識がいつもより強い気がしたけど。
相手への寄せも速く、
セカンドもほとんど甲府が拾えていた。(前半は)
ピンチも身体をはって阻止。
相手のミスに助けられた部分も大きかったけど。

前半は甲府が試合の主導権を握る。
そして、セットプレーからビジュが決めて甲府が先制。
1-0で前半を終える。

後半早々、
自陣でボールを奪った甲府は
シゲがドリブルで持ち上がり、
バレーを囮に自らコースを狙ったキレイなシュート。
2-0。

さらに甲府のスローインから
一旦は相手にボールを奪われるも
新の激しいチェイシングにより相手のクリアミスを誘う。
このルーズボールをバレーが新へ。
新のシュートはGKに阻まれるも、
そのこぼれ玉に詰めていた克哉が
相手DFのクリアボールを足に当てるラッキーゴール。
これで3-0。

これで勝負あり!と思ったんだけど…。
そんなに甘くはないか(;´д`)
やはり(甲府が)と言うか、さすが(G大阪が)と言うか…。

得点直後、3点という得点差に少し安心したのか、
すぐさま播戸に返される。
さらに家長の投入により流れはG大阪に。
その後早い時間帯に二川に決められ、
リードはしているものの徐々に追い込まれる甲府。
ここから永い間我慢の時間となった。

甲府も選手交代で何とか流れを引き戻したいものの、
なかなかボールに触れず。
焦りからかミスも目立ち始める…。

しかしその後何とかG大阪の猛攻を凌ぐと、
何度かピンチは招くものの
徐々に甲府もボールを持てるようになり、
決定機も何度か作るように。

結局試合はG大阪の猛追を凌いだかたちで終了。

と、後でDVDで観たまんまです( ̄∇ ̄;)

実際ゴール裏ではそんな余裕はなかった。
特に後半20分過ぎからは。
“勝ちたい”いや、“勝たせたい”一心だった。

選手たちはもちろんだけど、
俺たちも最後まで全身全霊、全力で行った。
その結果なら俺たちも報われる。

今日は俺たちの気持ちも
届いた気がした。


選手はじめ、監督、チーム関係者、ボランティア、サポーター、
そしてTVの前のあなたたち( ̄∇ ̄;)
皆で勝ち取った貴重な勝利。
おめでとう、そして、ありがとう。

試合結果はこちら
スポンサーサイト

テーマ:♂ヴァンフォーレ甲府 - ジャンル:スポーツ



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 ♂蹴球狂の詩。, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。